ユーザ用ツール

サイト用ツール


knowledge:mac-arp.html


MACアドレスとARPで、パケット送信先が決まる

概要

用語

用語 説明
MACアドレス 物理アドレス
ARP プロトコル
Address Resolution Protocol
IPアドレスから対応するMACアドレスを得るためのプロトコル
MACアドレステーブル MACと宛先ポートの一覧
L2SWもL3SWも持っている
ARPテーブル IPとMACの対応表
L3SWが持っている。L2SWは持っていない。

メモ

考えたことメモ:
「ARPテーブル」で、IPとMACの対応表ができてから、
「MACアドレステーブル」でMACアドレスがどのポートから出す必要があるか決まります。
機器をリプレースしたら、同じIPでもMACアドレスが変わるので、ARPをクリアしなければならない時があります。


操作

Cisco

ARPテーブル

ARPテーブルの表示 Switch#show arp
Switch#show ip arp
Switch#show ip arp 192.168.0.10
Switch#show ip arp | include 192.168.0.10
ARPクリア Switch# clear arp-cache
Switch#clear ip arp 192.168.0.10

MACアドレステーブル

MACアドレステーブルの表示 Switch#show mac
Switch#show mac-address-table
MACアドレステーブルのクリア Switch#clear mac address-table dynamic


Junos

ARPテーブルの表示 > show arp
ARPクリア


Linux

ipコマンド

ARPテーブルの表示 ip neigh show
ip n
ARPクリア ip neigh flush all
ip neigh del IPアドレス lladdr MACアドレス dev デバイス
ARPエントリ追加 ip neigh add IPアドレス lladdr MACアドレス dev デバイス
ARPエントリ変更 ip neigh replace IPアドレス lladdr MACアドレス dev デバイス
ip neigh change IPアドレス lladdr MACアドレス dev デバイス
change:変更対象エントリがない場合、エラー。
replace:変更対象エントリがない場合は新たにエントリを追加します。

arpコマンド

ARPテーブルの表示 arp
arp -a
ARPクリア arp -d IPアドレス
ARPエントリ追加 arp -s IPアドレス MACアドレス


Windows

ARPテーブルの表示 arp -a
ARPクリア arp -d IPアドレス


knowledge/mac-arp.html.txt · 最終更新: 2018/09/07 01:34 by kurihara

ページ用ツール