ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ネットワークを勉強したいエンジニアにオススメの本

目次

device:router:routing:index.html


Top#ルータに戻る

ルーティングの基礎を網羅的に整理

ルーティングの概要

ルーティングとは

L3の機能。
宛先IPアドレスへ通信する際に、送り先をどこにするか
入力パケットをルーティングテーブルによりネクストホップへ転送する。

ルーティングテーブルとは

ネクストホップの一覧
スタティック(手動・静的)とダイナミック(自動)がある。

ルーティングプロトコルとは

ルーティングテーブルをダイナミック(自動)にした場合の、ルーティングテーブルを作成するためのルータ間の通信規格


ルーティングの種類

直接接続

  • directory connected
  • 直接接続しているネットワークの情報
  • インターフェースにIPとサブネットマスクを設定すると自動的にルーティングテーブルに学習される。
  ---------- [    Router1     ] ---------
           gi 0/1            gi 0/2
      192.168.1.1/24      192.168.2.1/24

Router1のルーティングテーブル

情報源 ネットワーク ネクストホップ 出力インターフェース
直接接続 192.168.1.0/24 / gi 0/1
直接接続 192.168.2.0/24 / gi 0/2


スタティック ルーティング(静的ルーティング)

  • 経路を1つずつ機器に手入力する方法
  • 障害発生時にルーティングの変更を手動で行う必要があります。
  • スタティックルートは、インターフェースダウンした場合、ルーティングテーブルから消えます。
------ [    Router1     ] ---------------  [ Router2 ] 192.168.3.0/24
     gi 0/1           gi 0/2
192.168.1.1/24      192.168.2.1/24     192.168.2.2/24                  

Router1のルーティングテーブル

情報源 ネットワーク ネクストホップ 出力インターフェース
直接接続 192.168.1.0/24 / gi 0/1
直接接続 192.168.2.0/24 / gi 0/2
スタティック 192.168.3.0/24 192.168.2.2 gi 0/2


ダイナミック ルーティング(動的ルーティング)

  • 自動的に経路設定を行わせる方法
    • 直接接続ではないネットワークで、新しくセグメントが追加された場合にも自動でルーティングテーブルに登録される。
  • 障害発生時にルーティングテーブルが切り替わります
    • 出力インターフェースがダウンすると、出力インターフェースとなっているルート情報が削除される。
    • ネイバーがダウンするとネイバーから受信したルート情報を削除する。(ネクストホップがダウンしているルート情報を削除)

メトリック(経路の選択基準)

  • ルータから目的地までの距離を数値化したもの
  • 同一のルーティングプロトコル内で、経路が複数ある場合、メトリックが小さい方を優先します。
  • 同じメトリックの場合は、全てのルーティングテーブルが有効になり、負荷分散します。(コストマルチパス=ECMP)
ルーティングプロトコル メトリック
(経路の選択基準)
補足
RIP ホップ数 経由するルータの数
OSPF コスト コスト値=100 / インターフェイスの帯域値(Mbps)
100Mbpsの場合、100/100 = 1
10Mbpsの場合、100/1 = 10
EIGRP 複合メトリック
帯域幅(bandwidth)、
遅延(delay)、
信頼性(reliability)、
負荷(load)、MTU
帯域幅などの各値は、show interfaces Xで確認可能
sh ip routeで計算されたメトリックが分かる。[ AD値/メトリック ]
実際は、帯域幅の大きいパスを使用と覚えればよい
EIGRP のメトリック = (帯域幅+遅延)×256
BGP アトリビュート


ポリシールーティング

  • ルーティングテーブルに従わず、 ユーザーが設定したポリシーをベースにして、特定の経路にパケットを転送する
利用例
  • 特定の送信のみ別のISPを使いたい場合
  • 複数のパスを利用させることにより、トラフィックを分散させることができる。


アドミニストレーティブディスタンス(AD値)

同一宛先へのルーティングテーブルが複数あった場合、最も信頼度の高い情報だけをルーティングテーブルに学習します。
この信頼性を決定するための管理値をアドミニストレーティブディスタンスといいます。
値は、0~255の範囲で、値が小さいほど信頼性が高くなります。
順位の高いルーティングテーブルが消滅したときにのみ、優先順位が低いルーティングテーブルがでます。

Cisco Juniper
Connected 0 0
Static 1 5
GBP外部(異なるASへのルート 20 170
EIGRP 90
OSPF 110 10
RIP v2 120 100
OSPF外部(再配布されたOSPF) 150
EIGRP外部(再配布されたEIGRP) 170
BGP内部(同一ASへのルート) 200 170

フローティングスタティック

ダイナミックルーティングによる経路のバックアップ経路として、スタティックなルーティング経路をあらかじめ設定しておき、回線障害などの発生によりダイナミックルートが消えたとき、ばやく切り替えられるように設定しておくこと。

具体的には、優先度の低いスタティックルートを作成し、より優先度の高いRIPやOSPFのダイナミックなルートで上書きしておく。
すると、通常は優先度の高いダイナミックルートが選択されるが、回線障害などでダイナミックな経路が消えた瞬間に、自動的にスタティックのルートによるルーティングが開始される。

フローティングスタティックの設定例

ripがなくなったら、staticルーティングが現れる。

ip routing
  router rip
  network 172.16.0.0

# static をripよりも値の大きい150に変更
ip route 172.16.1.0  255.255.255.0 172.16.3.1  130


ルーティング関係の用語

ゲートウェイ パケットの届け先のIP
デフォルトゲートウェイ ルーティングに当てはまらなかった時の届け先
ホップ数 通過するルータの数
コンバージェンス(収束) ルート情報がネットワーク上のルータに登録されて通信ができる状態








Top#ルータに戻る


device/router/routing/index.html.txt · 最終更新: 2019/05/16 00:27 by kurihara

ページ用ツール