ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

目次

ホーム










.

cable:transceiver


Top#ケーブル に戻る

トランシーバーモジュール一覧・比較(SFP, SFP+, QSFP+, GBIC)

トランシーバーモジュール(トランシーバー)の区別

トランシーバーとモジュールの違いなど、調べましたが、どれでもよさそうです。

  • トランシーバーモジュール
  • トランシーバー
  • モジュール

トランシーバーモジュールという表現が多く使われていそうです。


トランシーバーのサイズ

SFP系とQSFP系でモジュールのサイズが違います。

SFP系45×13.7×8.6mmSFP / SFP+ / SFP28 / SFP56 / SFP-DD
QSFP系52.4×18.35×8.5mm (若干横長)QSFP / QSFP+ / QSFP28 / QSFP-DD


トランシーバーモジュール一覧

GBIC (1Gbps対応)

  • 1Gbps対応
  • Gigabit Interface Converter
  • 大きいSCコネクターが使われる
  • SFPの倍の大きさ
  • 最近はほとんど使われない
メタルケーブル
(銅線、copper cable)
Copper 1000Base-T
光ファイバーケーブル Gbit Ethernet 1000Base-LX (Long=シングルモード)
1000Base-SX (Short=マルチモード)

「Gigabit Ethernet」というとツイストペアケーブルを連想しがちですが、光ファイバーケーブルを使います。


SFP(ミニGBIC) (1Gbps対応)

  • 1Gbps対応
  • Small Form-factor Pluggable
  • 「ミニGBIC」とも言われます。
  • 小さいLCコネクターが使われる
ケーブルの種類 Cisco製品番号
メタルケーブル
(銅線、copper cable)
Copper 1000Base-TX GLC-T
光ファイバーケーブル Gigabit Ethernet 1000Base-LX
(Long=シングルモード)
GLC-LH-SM
1000Base-SX
(Short=マルチモード)
GLC-SX-MM
4G/2G/1G Fibre Channel 4GFC

「Gigabit Ethernet」というとツイストペアケーブルを連想しがちですが、光ファイバーケーブルを使います。


SFP+ (10Gbps対応)

  • 10Gbps対応。(10Gbps, 1Gbpsを処理できる)
  • Small Form-Factor Pluggable Plus
  • 一般的なSFP(Small Form-factor Pluggable)と同じサイズ、形状。
  • SFP+対応機器の多くはSFPと両対応になっており、機器や環境に合わせてどちらを利用するか選択できるようになっている。
メタルケーブル
(銅線、copper cable)
使わない
光ファイバーケーブル 10 Gigabit Ethernet 10GE-LR (Long Range:シングル)
10GE-SR(Short Range:マルチ)
8G/4G/2G/1G Fibre Channel 8GFC
16G/8G/4G Fibre Channel 16GFC


SFP28 (25Gbps対応)

  • 25Gbps対応モジュール。25Gbps, 10Gbps, 1Gbpsを処理できる。
  • 10GbEと下位互換性
  • SFP+とピン配列は互換性。
  • 理論的には、SFP+トランシーバーまたはケーブルをSFP28スロットに差し込むことが可能。(機器の仕様で確認)


QSFP+ (40Gbps対応)

  • 40Gbps対応モジュール
  • SFP+(10Gbps) x 4
  • QSFP+は、SFPやSFP+と形状が違います。
メタルケーブル
(銅線、copper cable)
DAC(Direct Attach Cable)として利用。
UTPケーブルはほとんど使われない。
光ファイバーケーブル 4 x 10 Gigabit Ethernet 40G-LR4
40G-LX4

QSFP+ MPOコネクター
QSFP+


SFP56 (50Gbps対応)


SFP-DD (100Gbps対応)

  • DDはDouble Density。倍密度を表す


QSFP28 (100Gbps対応)

  • 100Gbps対応モジュール
  • SFP28(25Gbps x 4)
  • モジュール形状はQSFP+と全く同一


注意事項

トランシーバのベンダーロックイン

ネットワーク機器で純正品以外が使えないようにベンダーロックインをかけている機種、ソフトウェアがあります。
機種、ソフトウェアによってベンダーロックインされているかを確認する必要があります。

最近のCiscoはコマンドでベンダーロックインを解除できるのは覚えておいた方がよいです。


参考


cable/transceiver.txt · 最終更新: 2020/09/11 21:43 by kurihara

ページ用ツール