ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ネットワークを勉強したいエンジニアにオススメの本

目次

ホーム










.

cable:copper-vs-fiber


ツイストペアケーブル(10GBASE-T)か、光ファイバーケーブルか



最近では、10GBASE-Tなどのツイストペアケーブルが安く手に入りますが、
ツイストペアケーブルの方がよいのか、光ファイバーケーブルにする方がよいのかを考えたいと思います。



10GBASE-Tの問題点

カッパーのツイストペアケーブルは、光での通信よりもノイズ対策が必要になり、高度なエラー訂正計算を常時行いながら通信しています。

そのためエラー訂正計算のため消費電力を多く使い、非常に高温になります。

また、エラー符号計算に時間がかかるため、レイテンシーが10倍~20倍遅いです。

  • 消費電力
  • レイテンシー


まとめ

金融取引などの低レイテンシーなネットワーク機器間では、光ファイバーケーブルが使われます。

サーバとスイッチ間は、スイッチの価格やケーブルの価格のため、ツイストペアケーブルが使われます。





cable/copper-vs-fiber.txt · 最終更新: 2020/07/17 01:40 by kurihara

ページ用ツール