ユーザ用ツール

サイト用ツール


vendor:cisco:show-ip-route


Ciscoのshow ip routeの見方



Host#show ip route
Codes: L - local, C - connected, S - static, R - RIP, M - mobile, B - BGP
       D - EIGRP, EX - EIGRP external, O - OSPF, IA - OSPF inter area
       N1 - OSPF NSSA external type 1, N2 - OSPF NSSA external type 2
       E1 - OSPF external type 1, E2 - OSPF external type 2
       i - IS-IS, su - IS-IS summary, L1 - IS-IS level-1, L2 - IS-IS level-2
       ia - IS-IS inter area, * - candidate default, U - per-user static route
       o - ODR, P - periodic downloaded static route, H - NHRP, l - LISP
       + - replicated route, % - next hop override

Gateway of last resort is not set
(略)

直接接続 (L - local, C - connected)

C     172.16.1.0/24 is directly connected, Vlan10
L     172.16.1.1/32 is directly connected, Vlan10


■見方
C              :  connectedでのインターフェースが接続されたサブネット
172.16.1.0/24  :  ネットワークセグメント
Vlan10         :  172.16.1.0/24のVLAN ID

L              :  Localで、自身のインターフェースのIPアドレス
172.16.1.1/32  :  自身のIPアドレス
Vlan10         :  172.16.1.1/32 のネットワークセグメントが持つVLAN ID


スタティックルーティング(S - static)

S*    0.0.0.0/0 [1/0] via 172.16.3.2

■見方
S*          :  Sが、スタティックルーティング、*がデフォルトゲートウェイ
0.0.0.0/0   :  宛先全てということ。他の条件に当てはまらなかったら、ということ
172.16.3.2  :  ネクストホップアドレス
S     172.16.6.0/24 [1/0] via 192.168.1.2

■見方
S                :  スタティックルート
172.16.6.0/24    :  宛先のネットワーク
1                :  AD値
0                :  メトリック
via 192.168.1.2  :  ネクストホップアドレス


ダイナミックルーティング(R - RIP, B - BGPなど)

R   192.168.0.0/24  [120/1] via 192.168.1.254,  00:00:10, FastEthernet1

■見方
R                   : Rip
192.168.0.24        :  宛先ネットワーク
120                 :  AD値
1                   :  メトリック
via 192.168.1.254   :   ネクストホップアドレス
00:00:10            :   宛先ルートの学習時間
FastEthernet1       :  出力インターフェース




関連ページ


vendor/cisco/show-ip-route.txt · 最終更新: 2019/04/25 01:08 by kurihara

ページ用ツール