ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ネットワークを勉強したいエンジニアにオススメの本

目次

vendor:cisco:fabricpath


ホーム#ベンダー機器

Cisco Nexus - FabricPathのL2ループ防止技術

FabricPath

FabricPathは、L2の技術です。同じスイッチで動くL3はそのままです。
STPを使用することなく全てのリンクをActiveのリンクとして使用できる
Macアドレステーブルが、全台で共有されます。
各スイッチに、Switch ID(SWID)が振られます。手動で振ること推奨。

注意
  • VLANはすべてのスイッチに設定する必要があります。
FabricPathのフレームの流れ
  1. 入力スイッチがフレームを受信したら、Macアドレステーブルを確認し、FP網でどのスイッチに送るかを識別。
  2. FPルーティングテーブルを確認し、宛先ポートを選ぶ。
  3. 入力スイッチでFabricPathヘッダーが付加し、宛先のスイッチにフレームを渡します。
  4. 出力スイッチで、FabricPathヘッダーが除去し、フレームを送ります。
Nexus 4台でFabricPathを利用する例

ポートをmode fabricpathで接続している箇所がFabricPath(FP)です。
FabricPath


コマンド

確認

show fabricpath route FabricPath ルート情報を表示
show fabricpath isis adjacency
show fabricpath switch-id
show fabricpath isis interface brief
show mac address-table
show vlan
show int status | inc con
show ip int brief

設定

Nexus同士をつなぐポートで、switchport mode fabricpath とします。


install feature-set fabricpath
feature-set fabricpath


vlan 10,11
  mode fabricpath


interface port-channel100
  swtichport mode fabricpath
  speed 10000


interface Ethernet1/46
    switchport mode fabricpath
    channel-group 100 mode active

interface Ethernet1/47
    switchport mode fabricpath
    channel-group 100 mode active



fabricpath domain default
  root-priority 128

fabricpath switch-id 1001










ホーム#ベンダー機器


vendor/cisco/fabricpath.txt · 最終更新: 2019/08/26 07:50 by kurihara

ページ用ツール