ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ネットワークを勉強したいエンジニアにオススメの本

目次

ホーム










.

device:switch:l1switch


Top#スイッチに戻る

金融取引で使われる「低遅延なL1スイッチ」

L1スイッチの目的

HFTでのモニタリング

  • 取引所などから届くパケットへのタイムスタンプを付加し、遅延を把握します。
  • L1スイッチは、PTPを扱える製品も多く、正確な時刻を把握します。
HFTでのL1利用例

セキュリティー対策のモニタリング

  • トラフィックをモニタリングするための機器へパケットを転送します。
    • mirror portだとバッファーに問題があり、専用のL1スイッチを利用します。
  • IPSの製品にパケットを送ります。
セキュリティーのためのL1利用例

L1スイッチで有名なベンダー

Cisco (旧Exablaze社)

  • 2019年12月16日、CiscoはExablaze社の買収を発表
  • Exablaze 社はオーストラリアのシドニーに拠点を置く企業
  • 95 ナノ秒でのレイヤ 2 スイッチング
  • レイヤー2スイッチングレイテンシーは110ns。BGPルーティングをサポート。
  • 32GB のディープバッファ
  • 5 ナノ秒でのレイヤー 1 機能
  • Xilinx シリコンも利用する FPGA ベースのカードにより、クライアントは ExaNIC ファームウェア開発キット (別途ライセンスが必要) を使用して独自のアプリケーションを開発することができます。

Exablaze社のL1スイッチ以外の製品

ExaNIC
  • 低遅延ネットワーク環境に最適化された10Gbps及び40Gbps PCIe型ネットワークインターフェイスカード
  • PTP時刻同期・PPSタイミング同期に対応


Arista (旧Metamako社)

Aristaは、2018年9月Metamako買収

Arista 7130Lシリーズ
  • Xilinx UltraScale+ファミリの最新のFPGA技術を活用している
  • patch with a latency of 4 ns
  • MetaWatchで、32GBのノンブロッキングのディープ・バッファ・メモリ
  • MetaMuxでFPGA技術を活用し、39nsという低レイテンシーの多重化によって電子取引アプリケーションの注文入力を高速化
7150スイッチ
  • 1マイクロ秒未満のネットワーク・アドレス変換(NAT)
  • レイテンシー350ナノ秒(380ナノ秒)


参考


device/switch/l1switch.txt · 最終更新: 2020/07/20 01:08 by kurihara

ページ用ツール