ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ネットワークを勉強したいエンジニアにオススメの本

目次

Action disabled: source
device:router:routing:eigrp.html


Top#ルータに戻る

EIGRPで動的ルーティング

概要


Cisco 設定例

 192.168.0.0/24      192.168.1.0/24      192.168.2.0/24      192.168.3.0/24 
----------------[R1]----------------[R2]----------------[R3]-----------------
             .1      .1          .2      .2          .3      .3
R1(config)# router eigrp 1
R1(config-router)# network 192.168.0.1  0.0.0.255   <-  自分のIP
R1(config-router)# network 192.168.1.1  0.0.0.255   <-  自分のIP
R2(config)# router eigrp 1
R2(config-router)# network 192.168.1.2  0.0.0.255   <-  自分のIP
R2(config-router)# network 192.168.2.2  0.0.0.255   <-  自分のIP
R3(config)# router eigrp 1
R3(config-router)# network 192.168.2.3  0.0.0.255   <-  自分のIP
R3(config-router)# network 192.168.3.3  0.0.0.255   <-  自分のIP


passive-interfaceで、ルーティングアップデートを停止

passive-interfaceは、PCやサーバなどルータやL3でいない場合には、ルーティングアップデートを停止を停止します。
このpassive-interfaceコマンドは、EIGRPだけではなく、RIPの送信やOSPFのHelloパケット送信を停止します。

router eigrp 10
passive-interface default      #基本的に全てのインターフェースで、ルーティングアップデートを停止
no pasive-interface Vlan100    #Vlan100は、、ルーティングアップデートをする


他のプロトコルで学習した経路情報を、EIGRPへ再配布

router eigrp 10

#OSPFで学習した経路情報を、EIGRPへ再配布
#シードメトリック(帯域幅/遅延/信頼性/負荷/MTU)
redistribute ospf 10 metric 1000000 1 255 1 1500

#スタティックルーティングの経路を、EIGRPへ再配布
#シードメトリック(帯域幅/遅延/信頼性/負荷/MTU)
redistribute static metric 100000 1 255 1 1500
redistribute connected metric 100000 1 255 1 1500

#EIGRP 200で学習した経路情報を、EIGRP 10で再配布
redistribute eigrp 200

distribute-listで、ルーティングアップデートの送信(out)、受信(in)の制御

ルーティングアップデートで、特定のルートを送信(out)しないようにしたり、特定のルートを受信(in)しないようにすることができます。

#「10.50.1.0/24 と 10.50.2.0/24」のルートのみ送信(out)を許可(permit)
access-list 10 permit 10.50.1.0 0.0.0.255
access-list 10 permit 10.50.2.0 0.0.0.255

router eigrp 1
distribute-list 10 out GigabitEthernet0/0








Top#ルータに戻る


device/router/routing/eigrp.html.txt · 最終更新: 2019/05/15 23:30 by kurihara

ページ用ツール