ユーザ用ツール

サイト用ツール


vendor:bigip:snat.html


BIG-IP

BIG-IP : SNAT (Secure NAT)

SNAT概要

  • 送信元アドレスがSNATアドレスに変換される

クライアントとサーバが同一セグメント(ワンアーム)

クライアントとサーバが同一セグメントに存在する場合、
行きのパケットは、
Client -> BIG-IP -> Server
戻りパケットは、
Server -> Client
になってしまうために、SNATを使って、ソースIPをBIG-IPのSelf IPに変換する


設定

Virtual Serveで設定

Virtual Serverの「SNAT Pool」で「Auto Map」を選択すると、自動的に出力/出口側VLANのSelfIP(冗長構成ならfloating SelfIP)が使用される。





BIG-IP


vendor/bigip/snat.html.txt · 最終更新: 2018/08/23 23:25 by kurihara

ページ用ツール