ユーザ用ツール

サイト用ツール


サイドバー

ネットワークを勉強したいエンジニアにオススメの本

目次

ホーム









.

tools:command:traceroute


ホーム#ツール

tracerouteコマンドで接続経路を確認する

traceroute実行例

traceroute -n 192.168.0.10     <-  -n で名前解決しない
traceroute -T -p 80 192.168.0.10   ← (-T = TCP)
traceroute -U -p 53 192.168.0.10   ← DNS (-U = UDP)


tracerouteの注意事項

接続先がリッスンしている場合には、tracerouteコマンドでも、接続(Establish)されてしまいます。
接続先アプリによっては、接続メッセージが表示されてしまいますので、
本番環境で実行する場合には、注意しましょう。


tracerouteのTIPS

接続先がリッスンしているかは関係ない

  • tracerouteは相手サーバがリッスンしているかしていないかは関係ない。到達できるかどうかの確認ができます。
  • telnetで接続できるか、できないかとは違います。


複数のIPが応答する

tracerouteは、3回計測するのですが、ゲートウェイが複数あると、複数のiPが応答することがあります。


参考


tools/command/traceroute.txt · 最終更新: 2020/06/21 23:14 by kurihara

ページ用ツール