ユーザ用ツール

サイト用ツール


vendor:junos:nat.html


JunosのNATを理解

Junosで利用できるNAT

Static NAT 1対1のNAT
1個のグローバルIPで1台のサーバを公開する場合に利用されます。
Destination NAT 宛先アドレスを変換
1個のグローバルIPで複数のサーバを公開する場合に利用されます。
Source NAT 送信元アドレスを変換
サーバなどがインターネットアクセスする際に利用されます。
(プロキシーサーバ、メールサーバ)


vendor/junos/nat.html.txt · 最終更新: 2018/08/27 23:19 by kurihara

ページ用ツール