ユーザ用ツール

サイト用ツール


Action disabled: source
cable:tp.html


Top#ケーブル に戻る

ツイストペアケーブルの種類(UTPケーブルなど)

ツイストペアケーブル概要

ツイストペアケーブルには、UTPケーブル(Unshielded Twist Pair)とSTPケーブル(Shielded Twist Pair)があります。
シールド処理されていないUTPとシールド処理されているSTPです。
実際に使われているほとんどはUTPになります。STPは、工場など過酷な環境でしか使われていません。

ツイストペアケーブル UTPケーブル
(Unshielded Twist Pair)
ほどんどこれ
STPケーブル
(Shielded Twist Pair)
工場など過酷な環境だけ

ツイストペアケーブルのカテゴリー

  • データセンターの1Gには、CAT6(カテロク)が使われる。
  • データセンターの10Gには、CAT7(カテナナ)が使われる。CAT7は作らないこと推奨のため、既製品を買う。
カテゴリ 最大伝送速度 最大伝送距離 主な対応規格 補足
CAT3 16Mbps 100m 10BASET-T
CAT5 100Mbps 100m 100BASE-TX
CAT5e 1Gbps 100m 1000BASE-T Enhanced(拡張)
CAT6 1Gbps
10Gbps
100m
55m(10GBASE-T)
1000BASE-T
10GBASE-T
CAT6a 10Gbps 100m 10GBASE-T Augmented(増大)
CAT7 10Gbps 100m 10GBASE-T
  • 「e」とは「enhanced (エンハンスド)」の略で、「拡張」の意味があります。

1000Base-TはCAT5eかCAT6か

短い距離の家などでは、CAT5eで十分ですが、
信頼性を求められるデータセンターや100M近い距離を使う場合は、CAT6がオススメです。

伝送帯域に余裕がないとノイズの影響を受けやすくなり、通信速度の低下や通信が不安定になるリスクが高くなります。

カテゴリー通信速度伝送帯域
CAT5e 1Gbps 100MHz
CAT6 1Gbps 250MHz


コネクタ

コネクタ 説明
RJ45 ツイストペアケーブルのコネクタはRJ45です








Top#ケーブル に戻る


cable/tp.html.txt · 最終更新: 2019/06/18 23:22 by kurihara

ページ用ツール