ユーザ用ツール

サイト用ツール


Action disabled: source
cable:optical.html


Top#ケーブル に戻る

光ファイバケーブルの種類(Optical fiber cable)

光ファイバケーブルとは

  • Optical fiber cable
  • 光ファイバーケーブルは、Ethernet規格やFiber Channel規格で使われます。
  • FCケーブル(Fibre Channel)とは、FC-SANで使うケーブルの総称みたいなもの。
    ツイストペアケーブルをLANケーブルというような感じ。
    実際は光ファイバケーブル(Optical fiber cable)が使われる。
  • 芯線にガラスや透明なプラスチックを用いたケーブル

光ファイバケーブルの利用例

サーバ
FCスイッチ
マルチモード 2芯 LC-LCコネクタ
シスコのSFP LCコネクター2芯マルチモード
LCコネクター2芯シングルモード
構内配線(ハウスケーブル) 1芯のシングルモード
2芯のシングルモード(おおよそ1Gbps以上)


光ファイバケーブルの種類

マルチモードとシングルモード

種類 マルチモードファイバ 
MMF
シングルモードファイバ 
SMF
使用例 サーバHBA 
ストレージ
FCスイッチ
データセンタの構内配線
海底ケーブル
規格(1000BASE) 1000BASE-SX 
(Short Wavelength)
1000BASE-LX
(Long Wavelength)
距離(1000BASE) 275m (62.5μm) 
550m (50μm)
10km
規格(10GBASE) 10GBASE-SR
(Short Range)
10GBASE-LR
(Long Range)
距離(10GBASE) 33m (62.5μm) 
300m (50μm)
10km


光ファイバケーブルの種類

ケーブル最大距離線種
ショートウェーブ 光ファイバケーブル
S
Short Wavelength
500m マルチモード
ロングウェーブ 光ファイバケーブル
L
Long Wavelength
10km シングルモード


マルチモードの光ファイバケーブルの規格(OM3など)

  • 10GbEの伝送にはOM3ファイバーケーブルが利用されています。
  • 10GbE以上の伝送にはOM4ファイバーケーブルが利用されています。
1GbE 10GbE 40GbE 100GbE
OM1 275m 33m
OM2 550m 82m
OM3 1000m 300m 100m 100m
OM4 1000m 550m 150m 150m

シングルモードの規格(OS1とOS2)

OS1 一般的に内部ケーブル接続に使用されます
OS2 主に地中に埋設されるファイバなど、屋外で利用されています。
OS1 ケーブルよりも減衰が大幅に低くなっています。
  • サポートされるリンク長については違いがありません。
  • OS1とOS2の区別をしないことも多いです。OS1/OS2のケーブルと書かれています


コネクター(LC, SC, MPO)

LCコネクターが多いです。

コネクタ 説明 使用例
LCコネクタ Local Connector
小さいコネクター
SFPトランシーバで使われる
押しこむだけでロックされ、外す時は小さな突起を押しながら引き抜く
サーバ
ストレージ
スイッチ
光パッチパネル
SCコネクタ Square-shaped Connector
大きいコネクター
GBICトランシーバで使われる
押しこむだけでロックされ、引っ張れば外れる
ONU
M/C (メディア・コンバータ)
光パッチパネル
MPOコネクタ MPO(マルチファイバー・プッシュオン)
LANでは、8 芯、12 芯、または 24 芯が一般的です。
マルチモード・ファイバー上の 40Gや 100G (40GBASE-SR4 および 100GBASE-SR4) では、8 芯の光ファイバーが使用されます。
8芯では、(4 芯が 10 Gbps または 25 Gbps で送信し、4 芯が 10 Gbps または 25 Gbps で受信。
12 芯 MPO を使用する場合、12 芯のうち、8 芯しか使われない
40Gマルチモード
100Gマルチモード

LCコネクタ 2芯
LCコネクタ

SCコネクタ 1芯
SCコネクタ1芯

MPOコネクタ
MPOコネクタ


1芯と2芯

1芯 (Simplex) 送信用と受信用とを同じ光ファイバにまとめて通信させる
WDM(Wavelength Division Multiplexing:波長分割多重方式)で、波長の異なる複数の光信号を同時に使用し、1芯の光ファイバにて送信、受信などの多重利用する方式
1Gくらいまで対応可能
2芯 (Duplex) 送信用と受信用とで別々の光ファイバをわけて通信させる
同時に双方向のデータ転送を必要とする用途
サーバやスイッチなどは2芯
1G以上対応可能
送信用(Tx)と受信用(Rx)が逆だとリンクアップしないので、リンクアップしない時は入れ替える必要があります。


参考


cable/optical.html.txt · 最終更新: 2019/05/16 23:27 by kurihara

ページ用ツール